症状のおはなし
「腰痛」

腰痛


腰痛の原因は様々ありますが、最近の研究では、腰痛の約80%が「ストレスが原因」だということがわかってきました。

私たちには、痛みを抑制するドーパミンという脳内物質が大量に分泌されて、感じる痛みを軽減させながら身を守るという、もともと脳に備わっている機能があります。

しかし、仕事や対人関係、不規則な生活など、日常的にストレスを受けていると、脳内物質のバランスが崩れ、このシステムが働かなくなります。 するとドーパミンの分泌が減って痛みを抑えられなくなり、ますます痛く感じます。

その上、その痛みがストレスとなってドーパミンの分泌がさらに少なくなり、痛みが慢性化していきます。

私共では、骨盤のゆがみをはじめ、腰椎のゆがみやこわばり、腹部の硬さ、脚の筋肉の疲労など全体から原因を捉えていき、ストレスを取り除く施術や筋肉の調整でつらい腰痛を改善していきます。

そして、家で簡単にできる腰痛予防体操や日常生活での姿勢で気をつけることをお伝えし、痛みが再発しないようにしていきます。